第20回日本ジェンダー学会大会

概要

日時:2016年9月17日(土) 午後9時30分―午後5時30分

場所;大阪女学院大学204号室

アクセスはこちら⇒http://www.wilmina.ac.jp/oj/?about=access

参加費;資料代として1000円

会員以外の方もご参加いただけます。

 

プログラム

8時30分 受付開始

9時30分 開会あいさつ  

野口芳子(日本ジェンダー学会会長・武庫川女子大学名誉教授)

9時40分―正午 個別報告

司会者  進藤久美子(東洋英和女学院大学元教授)

1 卓浦連 (奈良女子大学大学院博士後期課程)「女性美と女性の社会進出の関係性についてー日本と中国の比較から」

2 石田依子(大島商船高等専門学校教授)「20世紀初期の欧州自動車文化におけるジェンダー意識と女性のアイデンティティ構築に関する歴史的研究」

3 塚本利幸(福井県立大学教授)「女性活躍社会のイメージ-誰がどのようにイメージしているのか-」

昼食休憩  正午―13時30分

日本ジェンダー学会総会 13時30分から14時

14時―17時30分 シンポジウム  「男女雇用機会均等法施行30周年をふりかえって」

司会者   香川孝三 (大阪女学院大学教授)

研究者側1    藤野敦子(京都産業大学教授)

研究者側2    福沢恵子(公益財団法人日本女性学習財団理事)

使用者側    片山孝(日東電工株式会社人事部)

組合側     林誠子(一般財団法人とよなか男女共同参画推進財団理事長)

実務家     井垣敏生 (元大阪高裁総括判事、弁護士)

終了後  懇親会  玉造駅の近くを予定 4000円(学生2000円)を予定