2018年日本ジェンダー学会第22回大会スケジュール

日時:2018年9月16日(日) 9:00~17:30

場所:佛教大学二条キャンパス

参加費(資料代):1000円

・受付開始(9:00より)

・開会あいさつ(N1-302教室) 9:50 野口芳子(梅花女子大学)

・個別報告(10:00~12:00) N1-302教室

司会者:西尾亜希子(武庫川女子大学)

第一報告 「Domestic violence in Japan: growing awareness of male parties

-日本におけるDV:男性当事者への意識の高まり-」

報告者:陸 トクテイ(大阪女学院大学大学院21世紀国際共生研究科)

第二報告 「高齢期におけるジェンダー意識の維持とその機能について-自営漁業従事者を事例に-」

報告者:島田有紗(京都大学大学院人間・環境学研究科)

第三報告 「離婚女性の階層帰属意識と生活満足感はどう変化したか

-1985年と2005年の社会調査を対比して-」

報告者:田中睦美(滋賀大学大学院経済学研究科)

第四報告 「市民団体による保育事業の実践報告」

報告者:小縣早知子(AIヨガサークル)

報告20分、質疑応答10分

・総会(12:00~13:00) N1-302教室

・シンポジウム(14:00~17:30) テーマ:地方自治体における男女共同参画 N1-701教室

司会者:塚本利幸(福井県立大学)

登壇者1:上杉孝實(京都大学名誉教授) 「『女性活躍』の推進における自治体の役割」

2:大山治彦(四国学院大学)   「地方自治体におけるDV男性加害者への対応」

3:岡本智子(コドモト)     「保活カフェからみえた行政」

4:三成美保(奈良女子大学)   「自治体のLGBTI支援とパートナーシップ条例」

報告20分、質疑応答(事実確認)5分

(休憩15分)

ディスカッションと質疑応答

・懇親会(18:00から) 二条キャンパス1階「あむりた」 一般会員4000円、学生・院生2000円