【9月6日更新】次回学術大会案内をアップしました。

次回第23回大会(2019年)「スポーツとジェンダー」

令和元年度には、日本ジェンダー学会第23回大会が、2019年9月23日(月 秋分の日)に、同志社大学今出川キャンパス良心館で開催されます。

日本ジェンダー学会第23回大会

日時:2019年9月23日(月 秋分の日)9:00~17:30
発表会場:同志社大学 今出川キャンパス 良心館 RY105教室 京都市上京区今出川通烏丸東入

最寄り駅は、京都市営地下鉄烏丸線今出川駅です。
交通アクセスおよびキャンパスマップの詳細につきましては、下記をご参照下さい。
交通アクセス
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html

キャンパスマップ
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html

参加費:(資料代);会員1000円、一般1500円、学生500円

<プログラム>

受付開始 9:00

開会あいさつ 9:50 野口芳子(梅花女子大学)

個別報告 10:00~11:30

司会者:鈴木万里(東京工芸大学)

報告1「高等学校・校長女性率の変遷に見るジェンダー格差」片平厚子(京都大学大学院)

報告2「最近のアジアにおける性の多様性にかかわる法制」香川孝三(大阪女学院大学)

報告3「カズオ・イシグロ文学における夫婦の姿」 岩本朱未(武庫川女子大学大学院)

報告20分、質疑応答(事実確認5分)

全体質疑応答

総 会 11:30~12:30

シンポジウム「スポーツとジェンダー」 14:00~17:30

司会者:塚本利幸(福井県立大学)

基調報告:「男性主導の近代スポーツの終焉を前に
ー 変容する現代スポーツとジェンダー」

伊藤公雄(京都産業大学)

登壇者1:「クィアな身体とスポーツ」 井谷聡子(関西大学)

登壇者2:「女性スポーツ推進委員の活動と課題
―『ささえる』スポーツにみるスポーツ政策とジェンダー」

大束貢生(佛教大学)

登壇者3:「シニア世代の生涯スポーツとジェンダー
―誰もが心身の健康を増進し生活の質を向上させるための一考察」

小縣早知子(AIヨガサークル)

基調報告45分、質疑応答(事実確認)5分

報告20分、質疑応答(事実確認)5分

休憩15分(パネラーに対する質問用紙記入を含む)

ディスカッションと質疑応答

 

懇親会

日時:18:00~

場所:同志社大学 今出川キャンパス 寒梅館 アマーク・ド・パラディ

会費:5000円(学生 2500円)