学術大会(9月27日)オンライン開催

日本ジェンダー学会第23回大会

概要

日時:2020年9月27日(日)(オンライン接続開始 9:30)

10:00~11:40 一般報告

13:00~17:00 シンポジウム

オンライン開催(参加費無料)
オンライン上での出入りは自由です

(主催)日本ジェンダー学会

(共催)奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター http://koto.nara-wu.ac.jp/gender/index.html

参加申し込み方法(重要!)

上記QRコードか、下記アドレスをご利用ください。

申込者には参加に必要なURLをお知らせします。

申し込み用アドレス jsgs2020entry@gmail.com

プログラム

10:00~10:05 開会挨拶

会長 香川孝三(神戸大学名誉教授)

10:05~11:40 一般報告(3つを同時並行開催)

1:報告

司会:上杉孝實(京都大学名誉教授)

①坂無淳(福岡県立大学講師):日本の高等教育機関で実施されているジェンダー施策の実態と課題

②新川達郎(同志社大学教授)・冨士谷あつ子(男女共同参画推進実行委員会):議会における女性の政治参画促進に関する実証的研究

Ⅱ:若手報告(1)

司会:大束貢生(佛教大学准教授)

①小泉直美(梅花女子大学:院):昭和期における「ヘンゼルとグレーテル」の日本での受容ージェンダーの視点からー

②酒井美優(関西大学:院):セカイ系作品における「愛される弱者」としての男性像

③莊文瀾(奈良女子大学:院):20世紀初頭の中国における男性の身体と近代化―断髪をめぐる論争を中心にー

Ⅲ:若手報告(2)

司会:塚本利幸(福井県立大学教授)

①高橋沙綾(お茶の水女子大学:院):「男性性」概念を男性に限定して用いることの問題 —研究対象をほぼ男性に限定してきたヤンキー研究の事例から

②ギブンネイ(関西大学・院):中国における男性向けオンライン小説に関するジェンダー分析―主人公の男性性について―

③チン・ティ・ゴック・ラン(西九州大学・院):少子高齢化社会におけるジェンダー平等や差別の日越比較研究

13:00~17:00 大会シンポジウム:マスキュリニティの歴史と現在~男性の≪困難≫をめぐって~

13:00~13:05 挨拶

奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター長 高岡尚子(奈良女子大学教授)

13:05~13:15  趣旨説明

副会長  三成美保(奈良女子大学教授)

13:15~14:45 報告

報告①覇権的マスキュリニティの揺らぎ?―第一次世界大戦期イギリスにおける「弱き男」をめぐって―

林田敏子(奈良女子大学教授)

報告②シングルファーザーの困難

村上吉宣(父子家庭支援ネットワーク代表)

報告③単身赴任男性(録画参加)
藤野敦子(京都産業大学教授)

14:45~15:00 休憩(質問回収)

15:00~15:30 コメント

コメント①性暴力被害者としての男性
大山治彦(四国学院大学教授)

コメント②男性介護者
津止正敏(立命館大学教授)

15:30~16:55 全体討論

司会:伊藤公雄(京都産業大学客員教授)

パネリスト(報告2名+コメント2名)

16:55~17:00 閉会挨拶

副会長 中山文(神戸学院大学教授)